前へ
次へ

中国語の学習はモノマネがおすすめ

中国語の独学では、数ヵ月教育番組などの語学講座などをはじめ、書籍やCD・DVDなどの力を借りて、聞く・話すというトレーニングをします。中国語において使われる発音というのは、世界共通語であり、私たちの耳にも馴染みのある英語よりも網羅するのが難しいものです。もしも、日本で中国ブームが押し寄せるならば、私たちの耳にも中国の音が聞こえてくるでしょう。それが自然に耳に残り、そこから本格的に学習をスタートさせられるなら、英語並みに馴染めるのではないでしょうか。一通り網羅するなら「聞き流し」が理想的です。意味は後々知ることができます。とりあえず、音を知ることがポイントです。そこからは、テキストを用意(発音専門の本)して、習得します。ここでポイントになるのが、先に述べたように馴染めることですから、モノマネが得意であれば比較的楽しみながら学べるようです。発音学習をモノマネとして表現できます。テキストにも口の開け方、舌の使い方は掲載されていますが、やはり、百聞は一見にしかず、ですから、何かをマネましょう。

Page Top