前へ
次へ

中国語の学習をするにあたって

かつて大学生だった私が、一度だけ外国語に興味を持ったことがありました。それは講義で履修した中国語の学習であり、昔から大陸の文化や言語について知りたいと思っていただけに、その夢がかなえられた形になりました。外国語は自分が今まで使ってきた日本語とまったく違うルールや読み方、単語で成り立っているため、手足のように使うまでには至りませんでしたが、中国語の学習をするうちに中国の人と簡単な会話をすることもできるようになりました。また、中国の漫画や出版物、芸術作品などにも数多く触れることができ、より多くの知識を仕入れることもできたわけです。中国語の学習をするにあたって私が気を付けたことは、先入観を持たないことでした。英語に近い文法など、あらかじめ知っていた情報をすべて一度忘れ、まったく新しい言語を学ぶとの心構えを持ったことで、どんどん頭に単語が入ってくるようになり、スムーズに会話ができるまでになったのは驚きです。

Page Top