前へ
次へ

左脳と右脳を意識した、中国語の学習について

中国などの学習による語学は、左脳の働きが大いに関わっていると言われています。左脳は、一つ一つ組み立てるのに長けており、言葉も組み立てて話されているためです。ただし、中国語の学習は、左脳と右脳による連携がポイントであり、右脳の方が早く記憶される場合もあります。右脳は、音楽やイメージの雰囲気などの働きに力を発揮します。一度、壮大な景色を見ると、忘れられない景色などもあるのではないでしょう。中国語の学習によるヒントは、音楽であり、リズムを意識するのもポイントです。特に中国語は、言葉の抑揚が強く、日本人が聞くと歌を歌っている様にも聞こえるのではないでしょうか。左脳と右脳の連携は、脳の負担も緩和されやすく、楽しく学習にも繋がります。初めての人は、リズムをつかむために、意味が理解できなくても中国の音楽を聴く事から始められるのもお勧めです。リズムがつかめれば、歌詞の意味を理解していけば、扱える言葉の幅も広がりやすくなるでしょう。

Page Top